バッテリー交換(バイク車検の知識)

バッテリー交換なんて簡単じゃんなんて言わせない

バッテリー交換のメンテナンス

バイクのバッテリー

バイクのバッテリー交換、一般ユーザーがバッテリー交換をするとこう言う留め方を平気でしています。 バッテリーの端子コネクターが完全に斜めに浮いています。輸入バッテリーはまだまだあなたのバイクバッテリーには完全に対応していません。 だから安い、加工が必要になる事もしばしばあるんです。もう少しメンテを確り。

上記の状態では後で痛い目にあいますよ。出先で休憩後にエンジンが掛からないですと泣きます。 エンジンを掛けようとしたらパチット変な音がしてその後セルが回りません!

0 バッテリーの寿命って?

バッテリーメーカーさん交換指定目安は2年毎に。バイク、車を適度に使用していた方がバッテリーに良いです。使用しない方は放電して寿命が短くなります。 適度な頻度毎日の様に使用していればバッテリーやダイナモ等に異状がなければ4or5年程度使用出来きる事もありますが、限度ですね。

1 パッチと音がしてなんか変

バッテリーの電気は流れに決まりがありますよね、バッテリーを外したり、取り付けたりする時には決まりがあります。分かっていますよねでも知らない人の為に簡単に説明していきます。 結論から言いますと、外す時はマイナス端子から外し、最後にプラス端子を外します。 取り付ける時は逆で、プラス端子を付けてから、最後にマイナス端子を付けます。 間違えるとメインヒューズが切れますよ。

2 バッテリーを交換したのにバッテリーがあがった1

バッテリーを交換する時は必ず取り付けターミナルを磨いて腐食を取る事、でないとバッテリーの電気だけが消費されてダイナモで作られた電気がバッテリーに流れてきません。 こうなると交換後はエンジンが掛かりましたが、出先でバッテリーあがりに遭遇してしまいます。それと取り付けも確りして下さい。いい加減ですと電気が流れたり流れなかったりでこれもエンジンが掛からなくなるトラブルの基です。

3 バッテリーを交換したのにバッテリーがあがった2

エンジン側できっちりと電気が作られていないとバッテリーの電気が空になった段階でストップです。ダイナモ、レギュレーターの損傷

4 バッテリーにはメンテナンスフリーとそうでないものがあります

メンテナンスフリーでも電圧が落ちてしまったりしたら充電メンテナンスをします。メンテナンスフリーでない物はある程度使用しているとバッテリー液が減りますので規定量補充してメンテナンスしなければいけません。

車の日常基本点検
Copyright (C) Bike 車検のプラム .All rights reserved.

 バイク車検トップ|  バイク 車検料金 |  自動車 車検料金 |  車検場案内 |  車・バイク買取 |  サイトマップ |  予約問合わせ