ジャイロバイク ベルト交換 カスタムと修理

ジャイロバイクのカスタムと修理

バイク ジャイロの修理カスタム、駆動系が遠心クラッチ、スクーターと同じですから気を使ってメンテナンスをする人は少ない。壊れてはじめてメンテナンスに陥るんでしょう。そんな事にならない為には異変を無視しない事、ギャザリング、振動、出だしスピードの落ちパワーダウンも見逃さない事です 特にジャイロアップに至ってはメンテナンスが大変ですのでベルト等のチェックは気合を入れていかないと出来ません。

ジャイロのパーツ磨耗と点検チェック

普段と違うエンジン廻り駆動系から音が出てしまっている音を無視していませんか、まあいいやと思いますよね。またオイル交換もしなければ思いつつもせずにいて焼き付き気味になっているかも。そんな方はタイヤの空気圧なんか見たことも無いかもしれませんね、たまにはチェックしなくていけません。


ジャイロUPのベルト交換(駆動系)

ジャイロUPのベルト交換(駆動系)

ジャイロUPのベルト交換(駆動系)

ジャイロUPのベルト、ウェートローラー交換(駆動系)他のジャイロ系と作りが違いますので駆動系メンテナンスは慣れませんと面倒です。 簡単な段取りは荷台を外しホイールのセンターキャップを取りセンターナットを外しますが24mmが硬く取れないことがしばしばあります。 車体をジャッキUPして左右のタイヤをハブを外さなければなりません。左の駆動系メンテナンスなのになぜ?これがジャイロUPの面倒な所です。 左右のサスを外しフレームをずらさないと駆動系カバーが外せません。 後は他のスクーター、ジャイロX、キャノピーと一緒です。



ジャイロX UPのクラッチ、アウター交換(ベルト)

ジャイロX UPのクラッチ交換(駆動系)

ジャイロUPのクラッチ交換(駆動系)

ジャイロX UPのクラッチアウター交換(駆動系)

ジャイロUPのクラッチアウター交換(駆動系)

ジャイロX UPのクラッチ、アウター交換(駆動系)エンジン不動車両メンテナンスをしてみるとまずはキャブレターのオーバーホール後エンジンを稼働してみると案の定エンジンが廻れど動力が伝達しません。 一般的にはベルトが切れ、ローラーも磨耗だろうと部品入荷後チェックしてみるとクラッチが土台もろとも粉々になっていました。



ジャイロUPとジャイロXの違い

ジャイロUP

ジャイロUP

ジャイロX

ジャイロX

写真左の荷台があるのがジャイロUPで積載も30kgジャイロXには小さな荷台がありますが積載10kgで荷台は左右にバイクに連動して動きます



ジャイロUPとXのカスタム

ジャイロXのカスタム

ジャイロXのカスタム

ジャイロUPのカスタム

ジャイロUPのカスタム

ジャイロUPの後輪を100mmのホイールスペーサーを入れ225/45-10インチのワイドタイヤを装着してワイルドに変身



バイク/PLUM/プラム

バイク・スクーター・パーツ(車)の格安厳選販売コーナー
Copyright (C) バイク・車検・プラム .All rights reserved.

バイク車検トップ |  バイク 車検料金 |  自動車 車検料金 |  車検場案内 |  車・バイク買取 |  サイトマップ |  予約問合わせ